援交サイト

彼の昔の恋バナ聞いたら、どうも援交サイトで知り合った女の話しっぽいんだよね。
今時、出会い系で知り合うっていう関係珍しいことじゃないし、私とその彼も出会い系で知り合ったんだけど・・・
やっぱり、出会い系と援交サイトじゃちょっと雰囲気違うよね。
最初のメッセージのやり取りからちょっと女慣れしてない風な感じは漂わせてた。
「女性と付き合った経験が少ないので」とか「あまり経験がないので」みたいなフレーズをちょいちょい織り交ぜるんだ。
そこが新鮮で私の方から好きになって、それで関係を深めて行ったわけなんだけど、確かに彼、自分から誘うってタイプじゃないんだ。
だから、ネットの出会いも難しいだろうなって思った。
で、実際付き合うようになってから「今まで付き合った女性ってどんなタイプ?」みたいなこと聞いたの。
援助交際の募集はTwitterは使わずに援交サイトで行う
そしたら「一人目はシングルマザーの人でー」「お金に困っててー」「子どもがまだ三歳って言うけど、実際自分はその子には会ったことがなくてー本当に子どもがいるのかどうかすら怪しくてー」
それでいくらか貢いだらしいんだけど、ある時突然連絡取れなくなっちゃったーなんて話。
援交サイトではよくある話だけど?って気がした。
「そのあとは、借金の返済で夜の仕事してる子だったんだけどー」って話し出した時に、もうこれは「その出会い系って援交サイトじゃない?」って口から出そうになったもん。
世間知らずで女性と付き合ったことがない男にネットを与えると、こういう危険があるんだなと、なおさら彼のこと守ってあげなきゃって気持ちになってるんだ。
プチ援
女子大生との援交

童貞募集

中学の同窓会がありました。10年ぶりということもあって当時仲良くしていた友達は大人に変わっていました。あの頃は彼女が欲しくて、女の話やスケベな話ばかりしていた頃が懐かしく感じました。しかし、その中の1人雄介は中学の頃もアニメオタクな感じがしていたけれどもっとオタクになってしまいました。俺に「童貞募集しているんだけど、童貞募集してまだ卒業していない仲間と集めてそいつらとナンパしたい。」アニメオタクでもリアルな女性が欲しいことに安心しました。だけど、モテない男ばかり集めても仕方ないだろうと思ってしまう俺は今付き合っている彼女に彼氏欲しい友達がいないかLINEで送るとすぐに返信が届き、1人いるという内容だったので友達に伝えると喜んで紹介して欲しいと言われました。
童貞掲示板
数日後、4人で会いました。彼女の友達はマリア。普通の女の子でした。ところが俺の友達は何を勘違いしているのか、スタジャン着てめっちゃおしゃれをしているつもりだけどとてもダサかった。マリアも彼女も引いていました。俺もこんな友達を紹介して失敗したなと思いました。しかも、会話もアニメの内容ばかり。ところがマリアも隠れアニメオタクなのか、話がすごく盛り上がっていたので俺は彼女と先に帰りました。
その日の夜に、友達から付き合うことになったというメールが届きました。しかもその日に童貞を卒業したというのであまりにも展開の速さに驚いてしまいました。その後、マリアの見た目も友達の影響なのかスタジャン着るようになりました。
プチ援募集
フェラ募集掲示板

クンニ募集

 大手出会い系には、クンニ募集する女の子が多いのをご存知でしょうか?
その理由は簡単。
クンニしない男が多いからなのです。
女の子は、オマンコ舐められたい願望が強いものです。
基本的には、どんな女の子もオマンコ舐められ気持ちよくなりたいと思うものです。
しかし、男の多くはそれが出来なかったりもします。
その不満を解消するため、大手出会い系の中でクンニ募集するようになります。
このタイプの女の子、結構美味しい思いが出来るのを知りました。

 興味本位で、クンニ募集していた女の子にメールを送ってみたんです。
返事も受け取れました。
年齢は27歳。
OLやっているLちゃんでした。
「凄く、舐められたい気持ちが強くて我慢出来なくて」
「関係はクンニだけって感じ?」
「はい、エッチしないでクンニだけお願いしたくて」
「それは、可能だよ」
「本当ですか?私の舐めてくれますか?」
「オマンコ、しっかりと舐められる」
トントンと話が進んでいくことになりました。
クンニ募集

 相手の要望もあり、ホテルの中での関係を求められました。
勿論、本番は無し前提でした。
安いラブホテルをチョイスし、Lちゃんをクンニするため、チェックインしていきました。

 Lちゃん、それなりの可愛らしさがって、魅力を感じました。
バストも大きく、ムチムチした女の子らしい肉体の持ち主です。
彼女をシャワーに送り出し、ワクワクしながら出てくるのを待ちました。

 クンニ募集していた女の子だから、すんなり足を広げオマンコを見せてくれました。
そこから、時間をかけてたっぷり舐めて行きました。
「あんっ、はぁっ・・あああん、いいっ、あんっ」
アヘ声も強烈。
体を震わせながら、オマンコの快楽を味わい尽くし、ときに「逝く」と絶頂を覚えてしまっていたようでした。

 それ、まさかの展開でした。
「我慢出来ないの、欲しいの。オチンチンが欲しいの」
挿入要求されてしまったのです。
フェラさせてやったあと、バリバリと挿入を繰り返せてしまいました。
クンニしたい
クンニ募集掲示板